ヒプノコラム

  • 「暗示療法」

    皆さんは、
    暗示療法と言う言葉を聞いたことはありますか?

    催眠状態(リラックス状態)では、潜在意識と顕在意識が
    同時に浮上していると言われています。

    このときに、自分のなりたいイメージ、肯定的なイメージを
    強烈にインプットすることにより、
    その後無意識のうちになりたい自分へと
    負担の行動がいざなわれると言う方法です。


    具体的なイメージがなくても大丈夫です。

    良く、自己啓発の本などを読みますと
    いの一番に「目標を立てましょう」
    いう項目が目に入ります。

    もちろん、はじめに目標ありきの方が
    人生を進みやすくしてくれることは間違いありません。



    しかし、
    目標設定にあまり時間がかかりすぎてしまい、

    目標設定自体が目標のようになり
         ↓
    時間をそのことに何年も費やしてしまい
         ↓
    いつしか、疲れて普段の生活に戻ってしまう・・・。




    という、目標設定スパイラルにはまってしまう人も
    実際に多いようです。


    顕在意識で考えると、こうなりがちですが、
    催眠下で潜在意識で取り組むと、
    自然となりたい感情をわきあがらせることが出来ます。


    あとは、その感情に沿って誘導し
    なりたい自分のイメージを思い浮かべればよいのです。


    つまり、通常とは逆の発想です。





    もちろん、目標設定が得意な方や慣れている方は
    ご自分のやりやすい方でどんどん進んで良いのですから、
    まったく問題はありません。

    ただ、自分がどうなりたいのか・・・???
    と考えてしまう方には、なりたい感情から入る
    アプローチからの暗示療法は
    新たな自分発見の手がかりにもなるものだと思います。

    皆さんは、
    どんな方法で目標設定をしていますか?
    自分はどのアプローチが効果的だろうか、と
    考えてみるのもいいかもしれません。


    (2008/04/22)
  • 「マイナスの感情を排出する」

    皆さんは、マイナスの感情をどのようにコントロールしていますか?
    マイナスの感情は、溜め込んではいけません。

    我慢などせずに、上手くコントロールして“流す”ように
    心がけるとだいぶ楽になります。

    マイナスの感情を打ち消そうとしないことです。
    マイナスの感情を毛嫌いしないことです。
    マイナスの感情に過剰反応しないことです。

    誰にでもある自然な感情、しかし、
    その感情によって他人に迷惑をかけたり
    傷つけたりしてはいけません。
    ちゃんと、自分でコントロールするよう心がけましょう。

    それはとても大切なことです。

    食べたものも消化されて出て行きます。
    不要な感情も出て行ってしかるべきです。


    イメージを使ってみるのも一つの手段だと思います。

    腹式呼吸で鼻から息を吸って、おなかを膨らまし
    口から吐きながらおなかをへこませます。

    全身の力が頭から徐々に抜けていく感じ・・・
    リラックスしましょう・・・

    そのときに
    息を吸うときに→プラスの感情を吸い込み
    息を吐くときに→マイナスの感情を吐き出すイメージで。

    息としてこのように排出されたマイナスの感情は
    すぐに浄化してプラスのエネルギーとなるよう想像します。

    溜め込んでいるのが正しいのではありません。
    自己コントロール。自分のことを責任もって
    プラスの感情で満たしていることこそ必要なことなのです。

    (2008/01/12)
  • 「ハイヤーセルフ」

    皆さんは、ハイヤーセルフという言葉を聞いたことがありますか?

    直訳すると“高次の自己”と言う意味です。
    (ハイアーセルフとも呼ばれます。どちらでも良いです。)

    いつも自分を守っていてくれている存在であり、
    もう一人の自分でもあるのです。

    前世療法の大前提として大切なことは
    “魂は生まれ変わる”という考えです。

    (普段はあまり真剣に信じているわけではなくても、
    前世療法を受ける時だけでも、信じていただけるとスムーズです。)

    前世イメージを一通り見終わってから、
    その催眠状態のままでハイヤーセルフを呼び、
    今知りたいことを質問してみたりします。

    すると、答えが見つかる・・・
    そんなことがとても多いのです。

    通常(顕在意識)の状態ですと、理論的な思考がじゃまをして
    なかなかそういった声も聞こえにくいのですが、
    催眠状態、つまり潜在意識と顕在意識が同時に浮上している
    状態ですと、自然にハイヤーセルフとの会話が成立してしまうのです。


    人生の課題、使命、役割・・・
    他人から言われるのではなく、
    自分自身で答えを出したい時などにも
    催眠療法は便利な方法だと思います。

    (2008/05/26)
  • 「直感の大切さ」

    皆さんは、
    暗示療法と言う言葉を聞いたことはありますか?

    催眠状態(リラックス状態)では、潜在意識と顕在意識が
    同時に浮上していると言われています。

    このときに、自分のなりたいイメージ、肯定的なイメージを
    強烈にインプットすることにより、
    その後無意識のうちになりたい自分へと
    負担の行動がいざなわれると言う方法です。


    具体的なイメージがなくても大丈夫です。

    良く、自己啓発の本などを読みますと
    いの一番に「目標を立てましょう」
    いう項目が目に入ります。

    もちろん、はじめに目標ありきの方が
    人生を進みやすくしてくれることは間違いありません。



    しかし、
    目標設定にあまり時間がかかりすぎてしまい、

    目標設定自体が目標のようになり
         ↓
    時間をそのことに何年も費やしてしまい
         ↓
    いつしか、疲れて普段の生活に戻ってしまう・・・。




    という、目標設定スパイラルにはまってしまう人も
    実際に多いようです。


    顕在意識で考えると、こうなりがちですが、
    催眠下で潜在意識で取り組むと、
    自然となりたい感情をわきあがらせることが出来ます。


    あとは、その感情に沿って誘導し
    なりたい自分のイメージを思い浮かべればよいのです。


    つまり、通常とは逆の発想です。





    もちろん、目標設定が得意な方や慣れている方は
    ご自分のやりやすい方でどんどん進んで良いのですから、
    まったく問題はありません。

    ただ、自分がどうなりたいのか・・・???
    と考えてしまう方には、なりたい感情から入る
    アプローチからの暗示療法は
    新たな自分発見の手がかりにもなるものだと思います。

    皆さんは、
    どんな方法で目標設定をしていますか?
    自分はどのアプローチが効果的だろうか、と
    考えてみるのもいいかもしれません。


    (2008/04/22)

<<HOME

無料メールセミナー

無料メールマガジン

  • 潜在意識を活用しながらの、自分磨きのちょっとしたコツを伝授するメルマガですまぐまぐ殿堂入
「今の自分が好きになる
メンタルビューティー・トレーニング」

(マガジンID0000127955)
メールアドレス(半角):

 by

個人セッション

セミナー/自己催眠ワーク

  <セミナー>   <自己催眠ワーク>

角礼寿サイト集

お便りなど

  • プレス・出版関係の方、執筆・セミナー、講演依頼等は こちら
  • 角礼寿へのお便りは こちら

メンタルビューティーについて

  • 「メンタルビューティー」は登録商標しております。